タノラボ!

楽(タノ)しく、そして快適/健康的/効率的に暮らしていくことを研究(ラボ)するブログです。

カメラのキタムラの店舗でカメラを買い取ってもらったので買取方法/手続きをまとめてみました

投稿日:2017年6月2日 更新日:

使わなくなった一眼レフカメラ(キヤノンEOS Kiss X2)があったので、大掃除のついでに処分することにしました。

最近ではいろんなところでネットでの買い取りも行っていますが、近所にカメラのキタムラがあり、そこで中古カメラの買取をしてもらえるということがわかったので、早速行ってみました。

買取上限額をチェックしておこう

カメラのキタムラの買取サイトでは、買取に対応している店舗を検索できます。買取価格もチェックできるので、カメラを買取に出す前に、どのくらいの価格になるのかを確認しておくことをお勧めします。

ぼくもチェックしたところ、EOS Kiss X2レンズキットの買取上限価格は7,650円。うわあ、購入価格からは考えると安いですね~。まあ2008年に発売されたモデルで9年も経過しているから仕方ないか・・・

できれば、買取上限額のチェックは1つのところからだけではなく、他のところからも取った方がいいですね。そうすれば相場がわかってきますから。老舗のマップカメラなんかでも買取価格をチェックできます。

買取の手続き

カメラのキタムラの店舗に行って、買取希望と伝えると、カメラの点検が始まります。ぼくの場合、点検にかかった時間は約7-8分といったところでしょうか。

・シャッターが切れるかどうか
・ミラー部分が綺麗かどうか
・センサーに問題がないか
・レンズに汚れや曇りがないか

などをチェックするみたいです。

あと梱包箱があれば査定額が変わるのか聞いてみたところ、箱をもってくる人は最初から売却を念頭に置いており、大事に使う傾向があるので、心証は良くなりますとのことでした。なるほどね~

チェックが終わると、買取額が提示されます。ぼくの場合は4,000円弱。程度はBにランクされました。まあ、だいぶへたっていたからな~他のショップに持ち込んでもそれほど価格は変わらないだろうと判断し、このまま買い取ってもらうことにしました。

承諾書類に氏名/住所/電話番号/生年月日を記入し、本人確認書類として免許証を提示すれば手続きは完了。買取価格を受け取って終了です。

およそ10分程度で終わりました。カメラのキタムラということで安心感もありますね。全国に店舗を構えているので、手元のカメラを買取に出したいけど、知らない業者に出すのはちょっと怖い、という人にはオススメです。

アドセンス

アドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

痛恨!ランネットでマラソン大会のエントリーできず・・・事前に質問事項は確認しておき、すぐにエントリできるよう準備しておこう!

ランニングが趣味のとん吉です。 先日、RUNNETでマラソン大会にエントリーしようとしたのですが、やっちゃいました。開始直後のエントリー合戦に負けてエントリーできず・・・

欲しい商品はAmazonのカートに入れておけば、価格改定があったときに確認できるので便利!

Amazonで商品を購入する機会が多いとん吉です。プライム会員になっているので、送料無料ですぐに送ってもらえて便利なんですよね。 ぼくは、購入したい商品があった場合、とりあえずその商品をAmazonの …

SIMフリースマホでオススメなモデルを1つ挙げるとすれば迷わずHUAWEI honor 8を挙げます!

スマホ大好き人間なので、これまで10台以上のSIMフリースマホを購入してきましたが、どれか1つ挙げるとすれば迷わずHUAWEI honor 8をオススメしたいですね。現在ぼくのメインスマホです。

HDDを安全に廃棄するため、トルクスドライバを購入して、HDDを分解しました。簡単に分解できるので、費用を抑えたい人におすすめ!

新しいパソコンを購入した後、必要になるのが古いパソコンの処分。皆さんどんな風に処分していますか?え、そのまま処分している。いや~それはちょっと怖いですね。HDDなどのストレージには、いろんな個人情報が …

カードを不正利用されるトラブルが発生したけど、不正利用分の支払いは免除してもらえました!クレジットカードは怖いと思っている人向けにそのときの経緯について解説します。

ある日、メインで使っているクレジットカードの運営会社から連絡がありました。 「不正利用の疑いがあるのでクレジットカードの利用を停止しました」 そのときは「えっ」という感じ。