タノラボ!

楽(タノ)しく、そして快適/健康的/効率的に暮らしていくことを研究(ラボ)するブログです。

Surfaceの発表会に参加したけど、マイクロソフトのSurfaceに対する本気度を強く感じた!他のPCメーカーとのガチンコ勝負になってくるかも!

投稿日:

マイクロソフトSurfaceの発表会にお呼ばれしたのでお邪魔してきたのですが、「PCメーカーか!」と思うぐらいに矢継ぎ早に新しいSurfaceを発表し、マイクロソフトの本気度を強く感じることができました。

マイクロソフトSurface発表会

会場は、グランドプリンスホテル新高輪の国際館パミール。非常に広い会場を確保しており、多くのメディアや関係者が詰めかけていました。

本社のバイスプレジデントがわざわざ来日してプレゼンターを務めています。

この日発表された主な製品は

・Surface Studio
・Surface Laptop
・Surface Pro

の3つ。

Surface Studioは、28インチの大型液晶パネルを搭載したオールインワンPC。ついにマイクロソフトもデスクトップの領域に手を広げたんですね。

スムーズに液晶を傾けることができ、ペンを使って絵を描くなど、直感的な操作が可能。実際に触ってみましたが、これだけの大画面で絵を描くことができるのは楽しいですね。

これはおもしろい製品だな~と思っていたら、価格はなんと最小構成で40万円以上とのこと・・・いやあ、一気に冷や水を掛けられました。とても手が出せない。プロのクリエイター向けの製品ということですね。はい、失礼しました。

こちらはSurface Laptop。非常にスリムなノートPCです。

こちらはSurface Pro。先代モデルはSurface Pro 4でしたが、今回は「5」はモデル名につかず、「Surface Pro」だけとなっています。「これこそ最高のSurface Proということで数字はつけなかった」ということらしいですが、ちょっとわかりづらいんじゃないかな~

でもこの3つの製品の中では、このSurface Proが最も大きな注目を集めていましたね。これまでのSurface Proが市場に浸透しており、どんなスペック/価格設定になるのか、皆さん注目していたみたいです。

これで、Surfaceファミリーは、従来からあるSurface Bookに、今日発表された3つのモデルを加えて、合計4つのモデルで構成されることになります。

今回はデスクトップタイプまで投入してきましたからね。十分「PCメーカー」という認識でよろしいんじゃないでしょうか。これまで、マイクロソフトと協業状態だった、他のPCメーカーがこのラインアップを見て、どう対応してくるのかちょっと楽しみですね。

ぼくとしては、やっぱりSurface Proが気になります。液晶が綺麗だし、タブレットPCということで携帯性もいい。性能面でも十分なスペックなうえに、純正のカバーを装着すればキーボードも使える。非常に使い勝手がいいと思います。

アドセンス

アドセンス

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下田あじさい祭で300万輪の紫陽花に圧倒されました!見どころに加えて駐車場もチェック!

伊豆半島の南部に位置する下田。ペリーが来航し、日米和親条約が締結された町です。その下田市を一望できる下田公園で、なんと15万株300万輪の紫陽花が咲き誇る「下田あじさい祭り」が開催されています。 ぼく …

新しいiPad Pro(12.9インチ/10.5インチ)とiPad(2017年モデル)の選び方/比較

こんにちは。新しいiPadの購入を検討しているとん吉です。 2017年のiPadモデルが出揃いましたね。2つの液晶サイズのiPad(12.9インチ/10.5インチ)と9.7インチ液晶搭載のiPad。 …

コードを収納できるお洒落なコンセントタップを購入!見た目をすっきりさせたい人にオススメです!!

新しい電化製品を購入して電源コンセントに接続するたび、古いタップが気になっていました。 実用性からいえば、全く問題ないのですが、全然心ときめかない・・・まあタップに心ときめかせる必要もないのですが、も …

カードを不正利用されるトラブルが発生したけど、不正利用分の支払いは免除してもらえました!クレジットカードは怖いと思っている人向けにそのときの経緯について解説します。

ある日、メインで使っているクレジットカードの運営会社から連絡がありました。 「不正利用の疑いがあるのでクレジットカードの利用を停止しました」 そのときは「えっ」という感じ。

「徹夜しないで人の2倍仕事をする技術」には「ドラゴン桜」や「インベスターZ」などで有名な漫画家三田紀房氏の仕事術が披露されている!独自の切り口で作品を仕上げるためのコツが満載です。

三田紀房氏といえば、東大に入るための受験技術が満載の「ドラゴン桜」、中学生が大金を運用する「インベスターZ」などで有名な漫画家です。 その三田氏が、自分の仕事術を明らかにしたのが「徹夜しないで人の2倍 …